新着情報

ホーム > 博物館トップ > 新着情報 > 開館10周年関連記念講演「成長する物語-済州島の漂着琉球王子殺害事件-」【11月18日(土)開催】

開館10周年関連記念講演「成長する物語-済州島の漂着琉球王子殺害事件-」【11月18日(土)開催】

2017年10月15日

                 

 時:11月18日(土)14:00〜16:00(開場13:30)
講 師:田名真之 館長
場 所:講堂
定 員:200人(当日先着順、予約不要)
     ※入場無料

 【内 容】
 沖縄もその範疇である東アジア海域は、古くから海上交通が盛んであり、国の枠組みを超えて人々は往来していた。国を背景とした公的な交易もあれば、私的な民間の交易もあったし、海賊行為をなす輩も多々存在した。もとより自らの属する国や地域内での会場交通や漁業に従事する者も多かった。そして時には突然の嵐に遭遇して、漂流することも間々あった。季節風や海流の所為で北から南へ、東から西へと、人々は抗う術もなく翻弄されたのである。
 1611年、一隻の琉球船が朝鮮の済州島に漂着した。乗っていた琉球の王子をはじめ乗員全員が殺害され、積荷が奪われるという事件が起こった(『朝鮮王朝実録』)。この事件は、その後、語り継がれ済州島の人々の行動に影響を与えることとなる。一方で琉球側では、まったく伝承も記録も残されていない。琉球側からすると、漂流事件そのものが無かったかのようである。
 本講座では、歴史的事実の存否に関わらず、生み出された物語は人々の思いを受けて成長、増幅することについてお話しする。

 

 

主催:沖縄県立博物館・美術館