新着情報

ホーム > 博物館トップ > 新着情報 > 沖縄の海やサンゴに関する研究成果を、博物館に展示してみませんか?

沖縄の海やサンゴに関する研究成果を、博物館に展示してみませんか?

2015年12月04日

沖縄の海やサンゴに関する研究成果を、博物館に展示してみませんか?

 


沖縄県立博物館・美術館では、H27年度下半期(10月〜3月)より、常設展示室の一部を『企画展示コーナー』とし、博物館以外の団体に、研究成果を発表する空間(壁ケース・写真参照)を提供しています。
 現在は、まず、手はじめとして、2000年代に沖縄県の自然保護課(現在は自然保護・緑化推進課)と一般財団法人沖縄県環境科学センターが行った沖縄県周辺海域のサンゴ礁被度調査の結果を展示しています。これはあくまでも一例ですが、このようなかたちで、今後、原則として半年おきに、新しい展示を募集していく予定です。


年齢や資格、県内外は問いません。自分が行った沖縄の海やサンゴに関する研究を博物館で展示公開したい!と思う方は、我こそはと立候補してみてください。以下にその詳しい要項を添付しますので、興味のある方はぜお問合せください。

【展示例】
小・中学生・高校生の自由研究
学校単位のサンゴ学習の取り組み
NPO法人や民間研究所のサンゴ礁研究
大学や大学院などの海に関する研究    ・・・・・・etc

【添付文書】
1.企画展示コーナーの展示要領
2.企画展示申込書 

  
      博物館常設展入口                     入口の裏手 


            企画展示コーナー


担当・お問合せ先
〒900-0006沖縄県那覇市おもろまち3-1-1
沖縄県立博物館・美術館
博物館学芸員 山ざき仁也
TEL:098-851-5401
yamazkij@pref.okinawa.lg.jp