新着情報

ホーム > 博物館トップ > 新着情報 > ペットボトルアート「Reborn(リボーン)〜異彩放つ琉球の自然〜」

ペットボトルアート「Reborn(リボーン)〜異彩放つ琉球の自然〜」

2015年01月09日

ペットボトルアート「Reborn(リボーン)〜異彩放つ琉球の自然〜」
PETbottles Sophisticated Art

【会  期】2015年2月10日(火)〜4月5日(日)
【休館日】月曜日
【開場時間】9:00〜18:00 (入場は閉館30前まで)
【会  場】沖縄県立博物館・美術館 博物館特別展示室1、2
【入場料】一般600円(500)、高大生500円(400)、小中生400円(300)
      ※( )は前売および団体料金
      ※障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名は当日料金の半額

 ※クリックすると拡大します。


※クリックすると拡大します。

【プレイガイド】 
沖縄タイムス社、ミュージアムショップゆいむい、コープあぷれ、ファミリーマート(イープラス)、ローソン各店(Lコード:82660)、リウボウサービスカウンター、ジュンク堂書店那覇店、BOOKSきょうはん美浜店・とよみ店・安謝店、球陽堂書房那覇メインプレイス店・西原シティ店、TSUTAYA那覇新都心店・首里店

【展覧会について】
◎ペットボトルソフィストケイティドアート「eco japan cup 2014」カルチャー部門エコアート入選!!

生活の中で使用済みの空のペットボトル。再生資源としての認識は定着しているものの、捨ててしまえば「ごみ」と呼ばれてしまうペットボトルが、見る人を感動させる〈アート〉として再生されるということは、地球資源を考えるきっかけになるでしょう。すべての作品に接着剤や塗料を使用せず、人の手のみで新たな価値が与えられ生まれかわる資源。それが「ペットボトルソフィトケイティドアート」の特徴であり、この作品の魅力を一層増す要素になっています。

■展示構成
沖縄の自然を森、川、海で表現する。展示は森から海の場面とへ推移してゆき、それぞれの場に生息する動物や植物をケース内に配置して場面を構成する。会場の最後に、グスクをイメージした石積みを展示し、来場者も積み上げることができる参加型の展示とする。

■展示作品(予定)
・ヤンバルの自然:轟の滝から川、そしてマングローブの入江へ
ノグチゲラ、ヤンバルクイナ、カワセミ、アカショウビン、リュウキュウコノハズク、ヤツガシラ、
カエル、トンボ、バッタ、アゲハ、マダラ蝶、クサゼミ、セミ、クワガタ、サワガニ、イタジイ、イジュ、リュウキュウマツ、サガリバナ、マングローブ、ヘゴなど
・沖縄の海:サンゴ礁、沖縄周辺の海の生物
クマノミ、イソギンチャク、クラゲ、エイ、グルクン群れ、イルカ、ジュゴン、ウミガメ、カサゴ、ヤドカリ、ウミシダ、ヒトデ、ウミウシ、ヨスジフエダイ、ハゼ、チョウチョウウオ、エビ、
ユウナ、モンパ、テリハボクなど
・グスクの丘:グスクを模した石垣の丘

【作品制作】
本間ますみ氏

プロフィール:
女子美術大学絵画科卒・同研究科2年修了、2006年にペットボトルソフィトケイティドアート制作を開始。個展や東北復興支援作品の制作、ホテル・駅や水族館、大型商業施設、アミューズメント施設へ大型作品を多数出品するなど精力的に創作活動に取り組む。また、新聞やテレビでも大きく取り上げられるなど注目を集めている。12年「日本ホビー大賞」激励賞受賞。14年「eco japan cup」カルチャー部門エコアート入選。

【開催形式】
主催:沖縄タイムス社、文化の杜共同企業体
特別協力:琉球朝日放送
後援:沖縄県、沖縄県教育委員会、沖縄県PTA連合会、沖縄県老人クラブ連合会、沖縄県婦人連合会、那覇市、那覇市PTA連合会、那覇地区老人クラブ連合会、那覇新都心通り会、NHK沖縄放送局、琉球放送、エフエム沖縄、FMレキオ、タイフーンfm、沖縄タイムス販売店会県連合会



 


【お問い合わせ】
沖縄県立博物館・美術館指定管理者文化の杜共同企業体 
〒900-0006沖縄県那覇市おもろまち3-1-1
電話:098-941-8200