新着情報

ホーム > 美術館トップ > 新着情報 > 【展覧会】美術館開館10周年記念展『彷徨の海―旅する画家・南風原朝光と台湾、沖縄』Over the Wandering Sea : Artist from Okinawa, HAEBARU Choko and World War II.(11/1〜2018/2/4)

【展覧会】美術館開館10周年記念展『彷徨の海―旅する画家・南風原朝光と台湾、沖縄』Over the Wandering Sea : Artist from Okinawa, HAEBARU Choko and World War II.(11/1〜2018/2/4)

2017年09月28日

【会 期】2017年11 月 1日(水) 〜2018年2月4日(日)
      Nov. 1, 2017 – Feb. 4, 2018

【会 場】沖縄県立博物館・美術館 コレクションギャラリー1・2・3
     Okinawa Prefectural Museum & Art museum, Collection Gallery

「彷徨の海」観覧料
【観覧料】一般310円(250円)、高校・大学円210円(170円)、小・中学生100円(80円)
      ※( )は20人以上の団体料金。
      ※県内小学・中学生、未就学児、70歳以上の方、
        障がい者手帳をお持ちの方および介助者1名は無料。
      ※本券で「邂逅の海」はご覧になれません。


Admission: 
Adults 310(250) yen, High School, College and University students 210(170) yen,
Junior high and Elementary school students 100(80) yen
*Prices shown in ( ) indicate advanced and group (more than 20 persons) discount tickets.
*Tickets don’t valid for “The Reunion with the Sea”. 

[Admission free] 
Junior high and Elementary school students within the prefecture, persons under Elementary school students, persons over 70 years old(with presentation of the certificate), persons with disabilities (with presentation of the physical disability certificate) and one caretaker.



【展覧会構成】

第1章 日本のアカデミズムと台湾・沖縄 ― 海に隔たれたリアリティ 従属する美術
Chapter One 
Okinawa, Taiwan and Japanese Academism – Reality separated by the sea, Subordinate Art

 于右任 YU You-ren
 謝花雲石 JAHANA Unseki  ほか

●南風原朝光と陳澄波をはじめ、台展・府展に出品していたアーティストを紹介します。
 陳澄波 CHEN Cheng-po
 南風原朝光 HAEBARU Choko
 中澤弘光 NAKAZAWA Hiromitsu
 南薫造 MINAMI Kunzo
 名渡山愛順 NADOYAMA Aijun
 喜久村徳男 KIKUMURA Norio
 喜久村宏 KIKUMURA Hiroshi
 宮城健盛 MIYAGI Kensei
 大浜英治 OHAMA Eiji
 青山惠昭 AOYAMA Keisho   ほか



第2章 彷徨−戦後リアリズムとローカリズム、台湾と沖縄にみる戦後文化の生成あるいは抵抗と告発
Chapter Two
To Wander – Artists Who Travel Overseas

(1)沖縄の戦後美術 「沖縄らしさ」を求めて
  Okinawan Art after the war: Looking for Individuality of Okinawa
  ●沖縄の湾生画家と、沖縄の台湾以外に移民経験を持つ美術家、写真家を紹介します。
   伊志嶺隆 ISHIMINE Takashi
   阿波根昌鴻 AHAGON Shoko
   高良憲義 TAKARA Kengi
   内間安瑆 UCHIMA Ansei
   與那覇朝大 YONAHA Chotai


(2)台湾美術界の精鋭・アイデンティティの模索
  The Best and brightest of Taiwanese Art 
  ●台湾美術院の諸氏による、戦後台湾美術の潮流を紹介します。
   廖修平 LIAO Shiou-ping
   鐘有輝 CHUNG You-hui
   謝里法 SHAIH Li-fa
   傳申 FU Shen
   江明賢 CHIANG Ming-shyan
   黄光男 HUANG Kuang-nan



第3章 沖縄と台湾との交わり・必然的なつながりの中で
Chapter Three
Exchange between Okinawa and Taiwan
●芸術を通して、台湾と沖縄との交流が再確認できる作品を紹介します。
 奥原祟典 OKUHARA Soten
 丸山映 MARUYAMA Ei
 上條文穂 KAMIJO Fumiho
 余連春 YU Lien-chun
 上原一明 UEHARA Kazuaki



-----------------------------------------------------------------------

休館日:月曜日(ただし1月8日(月)は開館、9日(火)は休館)、12月29日〜1月1日
Closed: Mondays (except Monday Jan. 8, 2018), 
      Year-end holidays (Dec.29,2017-Jan.1,2018) and Jan.9, 2018
  
開館時間:9:00〜18:00(金・土は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで
Hours: 9:00-18:00 (Open until 20:00 on Fridays and Saturdays)
     *Last entry 30 minutes before closing

主 催: 沖縄県立博物館・美術館

助 成:芸術文化振興基金

協 力:
沖縄県立芸術大学、国立大学法人琉球大学、沖縄大学、台北駐日經済文化代表處那覇分處、台湾美術院、財團法人陳澄波文化基金会、中琉協会、八重山台湾親善交流協会沖縄支部、那覇日台親善協会、琉球華僑總會、一般社団法人琉球台湾商工協会

後 援:
一般社団法人沖縄県美術家連盟、沖縄女流美術家協会、沖縄県文化協会、沖縄県教育委員会、那覇市文化協会、NHK沖縄放送局、沖縄テレビ放送株式会社、琉球放送株式会社、琉球朝日放送株式会社、株式会社エフエム沖縄、株式会社ラジオ沖縄、沖縄タイムス社、株式会社琉球新報社、株式会社エフエム那覇、一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー

お問い合わせ: 
沖縄県立博物館・美術館 
〒900-0006沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
TEL:098-941-8200(代表)     
http://www.museums.pref.okinawa.jp
カーナビマップコード33 188 675

-----------------------------------------------------------------------