新着情報

ホーム > 美術館トップ > 新着情報 > 第3回 美術館学芸員講座「美術品の保存について 〜保存修復の現場から〜」【2017年9月9日(土)】

第3回 美術館学芸員講座「美術品の保存について 〜保存修復の現場から〜」【2017年9月9日(土)】

2017年08月10日

                     


時間:14:00-15:30(開場13:30)
講師:梶原 正史(当館学芸員 保存・修復担当)
会場:美術館講座室
定員:当日先着50名
        
 作品を修復保存していくことは、美術館の大切な役割のひとつです。
沖縄では、戦争や高温多湿の気候風土の影響による傷みの激しい作品が多くあります。
修復とは、そうした作品を未来に残せるようにするためにオリジナルの部分を大切にしながら手当てをすることです。保存と修復ってなんだろう?絵画作品からフィルムのデジタル化まで解説いたします。