作家紹介

ホーム > 美術館トップ > 作家紹介 > 金城哲夫

金城哲夫 KINJYO, Tetsuo (1938〜1976)

 

略歴

西暦 和暦 略歴
1938年 昭和13年 7月5日、東京生まれ
1959年 昭和34年 玉川大学3年の時、円谷特殊技術研究所に研究生として入る
1962年 昭和37年 映画『吉屋チルー物語』監督、脚本、制作
1966年 昭和41年 『ウルトラマンQ』(TBS)文芸部の責任者として、共同脚本を含め12本を執筆
1966年 昭和41年 『ウルトラマン』(TBS)共同脚本を含めて15本を執筆(〜1967年)
1969年 昭和44年 帰沖
1970年 昭和45年 『トヨタモーニングパトロール』(琉球放送)キャスター担当(〜1973年)
1970年 昭和45年 沖縄芝居『佐敷のあばれん坊』初演
1971年 昭和46年 『還ってきたウルトラマン』(TBS)在沖米軍の毒ガス貯蔵問題をヒントに、「毒ガス怪獣出現」脚本執筆
1972年 昭和47年 沖縄芝居『風雲!琉球処分前夜』脚本・演出
1975年 昭和50年 『琉球反逆伝シリーズ』『琉球愛恋記シリーズ』と題したラジオドラマ7本を製作
1976年 昭和51年 「沖縄国際海洋博覧会」閉会式制作・演出スタッフ
2003年 平成15年 沖縄県立現代美術館(仮称)収蔵品展で『吉屋チルー物語』上映

作品

『吉屋チルー物語』
1962年
1hr38min
16mmオリジナルプリント
 

[←作家紹介インデックスに戻る]

美術館