作家紹介

ホーム > 美術館トップ > 作家紹介 > 石川真生

石川真生 ISHIKAWA, Mao(1953〜  )

 

略歴

西暦 和暦 略歴
1953年 昭和28年 沖縄県大宜味村生まれ
1974年 昭和49年 ワークショップ写真学校「東松照明教室」入学
1977年 昭和52年 写真展「金武の女たち」(ミノルタフォトスペース/東京都)
1982年 昭和57年

写真集『熱き日々 in キャンプハンセン!!』(共著/あーまん出版)

刊行

1987年 昭和62年 写真展「LIFE IN PHILLY」(ミノルタフォトスペース/東京都)
1989年 平成元年 写真展「フィリピン」(那覇市民ギャラリー/沖縄県)
写真集『フィリピン』(自費出版)刊行
1990年 平成2年 写真展「港町エレジー」(那覇市民ギャラリー/沖縄県)
写真集『港町エレジー』(自費出版)刊行
1991年 平成3年 写真展「仲田幸子一行物語」(りうぼうホール/沖縄県那覇市)
写真集『仲田幸子一行物語』(自費出版)刊行
1995年 平成7年

写真展「沖縄の自衛隊」

       (那覇市民ギャラリー/沖縄県 他、全国巡回)
『沖縄と自衛隊』(高文研)刊行

1996年 平成8年

写真展「沖縄の米軍」

       (那覇市民ギャラリー/沖縄県 他、全国巡回)
『これが沖縄の米軍だ』(共著/高文研)刊行

1998年 平成10年

写真展「沖縄海上ヘリ基地」

       (那覇市民ギャラリー/沖縄県 他、全国巡回)
『沖縄海上ヘリ基地』(高文研)刊行

1999年 平成11年

写真展「日の丸を視る目」

       (阪南中央病院/大阪府 他、全国巡回)

2002年 平成14年

『沖縄ソウル』(太田出版)刊行
写真展「琉球烈像−写真で見るオキナワ」

       (那覇市民ギャラリー/沖縄県)

2003年 平成15年

企画展「記録と記憶のトライアングル/韓国、在日、沖縄を撮る10人の目」出品(Jun Plazaビル/沖縄他、大阪、東京、韓国巡回)
企画展「KEEP IN TOUCH: POSITIONS IN JAPANESE PHOTOGRAPHY」出品(カメラオーストリアギャラリー

       (グラーツ市美術館内)/オーストリア)

2004年 平成16年 企画展「ノンセクト・ラディカル 現代の写真掘廚法峅縄ソウル」出品       (横浜市立美術館/神奈川県)
企画展「永続する瞬間-沖縄と韓国 内なる光景」に「沖縄ソウル」出品(P.S.1コンテンポラリーアートセンター〈MoMA提携館〉/米・ニューヨーク)
2006年 平成18年 写真展「沖縄ソウル」(アメリカ コーネル大学/米・ニューヨーク)
『シマが揺れる』(共著/高文研)
2007年 平成19年 沖縄県立博物館・美術館開館記念展「沖縄文化の軌跡 1872-2007」に『仲田幸子一行物語』など出品
2008年 平成20年 写真展「仲田幸子一行物語」(東京国立近代美術館の企画展「沖縄プリズム1872-2008」に参加)
2009年 平成21年 写真展「OKINAWA」(「アトミック・サンシャインの中へ-日本国平和憲法第9条下における戦後美術」(沖縄県立美術館)に参加)

作品

『基地を取り巻く人々
基地が解放された日
(名護市キャンプシュワブ)』
2002年
20.1×30.0cm
ゼラチン・シルバー・プリント
 
『仲田幸子一行物語
仲田和子さん(那覇市仲田幸子芸能館)』
1985年
29.9×20.0cm
ゼラチン・シルバー・プリント
 
『港町エレジー
港で荷役作業中(那覇市安謝新港)』
1985年
19.9×29.8cm
ゼラチン・シルバー・プリント
 

[←作家紹介インデックスに戻る]

美術館