作家紹介

ホーム > 美術館トップ > 作家紹介 > 屋良朝春

屋良朝春 YARA, Choushun (1940〜  )

 

略歴

西暦 和暦 略歴
1940年 昭和15年 沖縄県石川市(現うるま市)生まれ
1958年 昭和33年 石川高校3年時、第10回沖展(壷屋小学校)「田舎の春」奨励賞受賞
1973年 昭和48年 第21回光陽会展(東京都美術館)「若夏の沖縄」「石垣のある平安座島」秀作賞受賞
1974年 昭和49年 第22回光陽会展(東京都美術館)「城壁のある風景」秀作賞受賞 会員推挙
1977年 昭和52年 第25回光陽会展(東京都美術館)「暁闇の村落」多々良賞受賞 評議員推挙
1978年 昭和53年 第7回県芸術祭美術展(那覇市民会館)「片降」 奨励賞受賞
1979年 昭和54年 書と絵二人展 (新崎玄伯)/白亜美術創立 創設委員
1980年 昭和55年 第2回白亜展(東京都美術館)「沖縄の民家」優秀賞受賞
1982年 昭和57年 第2回現代沖縄作家展(県民アートギャラリー)沖縄県美術家連盟主催
1985年 昭和60年 第37回沖展(那覇商業高校)「モンマルトルの裏路」準会員賞受賞 会員推挙
1987年 昭和62年 第6回日本現代水彩展(東京都美術館)優秀賞受賞
1988年 昭和63年 第13回国際現代水彩画展(台湾) 招待出品
1990年 平成2年 日本現代美術協会 外務大臣賞受賞
1991年 平成3年 第10回日現美術外務大臣賞 受賞(大阪市立美術館)
1994年 平成6年 第13回日現美術参議院議長賞受賞「セーヌの朝」
1999年 平成11年 第18回日現美術衆議院議長賞受賞「セーヌの朝・ポンデザール」
2002年 平成14年 第37回沖縄タイムス芸術選賞美術大賞受賞
2003年 平成15年 第22回日現美術内閣総理大臣賞「世界遺産・今帰仁城跡」
2006年 平成18年 画集「屋良朝春の世界」刊行
現在、日本現代美術協会常任理事、アジア水彩画連盟会員、日本美術家連盟会員

作品

『石垣のある平安座島』
1973年
112.1×145.5cm
油彩、キャンバス
 
『世界遺産今帰仁城跡』
2002年
150.3×181.6cm
油彩、キャンバス
 
『朝が来た』
2007年
97.0×162.1cm
油彩、キャンバス
 

[←作家紹介インデックスに戻る]

美術館