作家紹介

ホーム > 美術館トップ > 作家紹介 > 山元文子

山元文子 YAMAMOTO, Fumiko (1921〜  )

 

略歴

西暦 和暦 略歴
1921年 大正10年 那覇市波之上生まれ
1938年 昭和13年 沖縄県立第二高等女学校卒業
1969年 昭和44年 「第17回光陽会初」(東京都美術館)入選

1972年

昭和47年 「光陽会沖縄支部結成記念展」(沖縄タイムス第2ホール)出品
1975年 昭和50年 「第1回沖縄女流美術展」(デパートリウボウ/那覇市)出品
1977年 昭和52年 第25回光陽会記念展(東京都美術館)『城跡の見える村』出品。奨励賞。新会員推挙
1977年 昭和52年 「第6回沖縄県芸術祭美術展」(那覇市民会館)入選
1979年 昭和54年 「二人展」(沖縄物産センター画廊/那覇市)。赤嶺正則と
1981年 昭和56年 「新生美術協会」設立、役員就任
1982年 昭和57年 「第1回新生美術協会展」(県民アートギャラリー/那覇市、那覇市民ギャラリー/那覇市)出品
1987年 昭和62年 那覇近現代美術展「明治・大正生まれの作家たち」(那覇市民ギャラリー/那覇市)出品
1988年 昭和63年 第1回個展「絵画展」(ギャラリーみやぎ/那覇市)『少女』『道』『貝の墓標』『湖水』『中国旅情(福州)』『憩』『月夜に舞う』『ひとり舞台』『アーマンの詩』など出品
1994年 平成6年 沖縄県文化功労賞(美術)
1995年 平成7年 「戦後50年 沖縄の美術家展」(那覇市民ギャラリー/那覇市)『追憶』出品
1996年 平成8年 「沖縄戦後美術の流れ・シリーズ2」(浦添市美術館)『やすらぎ』出品

作品

『遙かなるさと』
1951年
110.0×135.8cm
油彩、キャンバス
 

[←作家紹介インデックスに戻る]

美術館