作家紹介

ホーム > 美術館トップ > 作家紹介 > 島田寛平

島田寛平 SHIMADA, Kanpei (1898〜1967)

 

略歴

西暦 和暦 略歴
1898年 明治31年 那覇市首里崎山生まれ
1916年 大正5年 沖縄県立第二中学校を卒業後上京、太平洋画会研究所入所(1919年修了)
1928年 昭和3年 「ふたば会」結成。山里永吉・渡嘉敷唯選・野津久保・浦崎永錫・永丘智行・島田寛平
1939年 昭和14年 台湾へ渡り、台湾総督府勤務(〜1946年引き揚げ)
1947年 昭和22年 知念高校勤務後、那覇高校創立とともに転勤(〜1964年)
1948年 昭和23年 那覇高校絵画同好会「新緑会」結成
1949年 昭和24年 「沖縄美術連盟」誕生、幹事就任
1949年 昭和24年 第1回沖展(那覇市崇元寺前の旧沖縄タイムス社本館)招待出品
1953年 昭和28年 1955年展(那覇市・琉米文化会館)出品
1954年 昭和29年 沖展運営委員
1955年 昭和30年 沖縄タイムス美術功労賞
1964年 昭和39年 第1回個展(沖縄タイムスホール)
1974年 昭和49年 「沖縄近代物故美術家展」(県立博物館)『壺屋裏』『窓外』出品
1995年 平成7年 「戦後50年沖縄の美術家展」(那覇市・那覇市民ギャラリー)『南島の秋』出品
1996年 平成8年 「沖縄戦後美術の流れ・シリーズ2」(浦添市美術館)『窓外』出品

作品

『白菜』
制作年不明
91.3×72.5cm
油彩、キャンバス
 
『南島の秋』
1948年
91.3×73.1cm
油彩、キャンバス
 
『壷屋の朝』
1962年
80.9×99.8cm
油彩、キャンバス
 

[←作家紹介インデックスに戻る]

美術館