作家紹介

ホーム > 美術館トップ > 作家紹介 > 大浜用光

大浜用光 OHAMA, Youkou (1929〜2013)

 

略歴

西暦 和暦 略歴
1929年 昭和4年 沖縄県石垣市生まれ
1960年 昭和35年 第1回琉球美術展『亀裂』『目』『人物』など出品
1961年 昭和36年 第5回創斗展に『作品』出品
1962年 昭和37年 大浜用光、大嶺實清らと「グループ耕」結成
1968年 昭和43年 「亜熱帯派」結成
1968年 昭和43年 亜熱帯派展『ステージ』『渇き』『ロープ』3点出品
1970年 昭和45年 第1回個展(琉球政府立博物館)
1972年 昭和47年 第2回個展 『黄金賛歌』『金色の地帯』『わが古里の金色』『根絶する地帯』『凶区』など
1979年 昭和55年 大宜味村白浜に移住 陶芸に打ち込む
1984年 昭和59年 第5回個展 陶芸に専念していた感触を油絵のマチエールで表現した『文鏡』『古裂』『モニュメント』など出品
1986年 昭和61年 第7回個展『1』『Monochrome Gold』シリーズ『Untitle(無題)』シリーズなど作品約20点出品
1986年 昭和61年 第5回反核沖縄平和美術展『No27』出品
1995年 平成7年 沖縄戦後美術の流れシリーズ1『BOX』『ステージ』出品
1998年 平成10年 琉球弧・美の渦流 招待作家展−美術表現の現在に『コンバイン』出品
1999年 平成11年 八重山美術会那覇店『’99Rope』出品

作品

『作品Λ(ラムダ)』
1995年
244.0×130.0cm
アクリル、砂、板
 
『鳥瞰』
2000年
45.5×53.2cm
漆喰、ボンド、金属
 
『襤褸の旗』
2002年
100.3×65.3cm
ミクストメディア、キャンバス
 

[←作家紹介インデックスに戻る]

美術館