作家紹介

ホーム > 美術館トップ > 作家紹介 > 名渡山愛順

名渡山愛順 NADOYAMA, Aijyun (1906〜1970)

 

略歴

西暦 和暦 略歴
1906年 明治39年 1月22日、那覇市松下町生まれ
1922年 大正11年 図画教師比嘉景常を中心として県立二中の生徒による絵画グループ「樹緑会」結成
1928年 昭和3年 「第9回帝国美術院美術展覧会」(東京府美術館)『夏の沖縄風景』入選
1932年 昭和7年 東京美術学校卒業後帰郷し、沖縄県立第二高等女学校で教職
1941年 昭和16年 第28回光風会展
1944年 昭和19年 10月10日、那覇大空襲により全作品を焼失
1946年 昭和21年 春、第1回日展『郷愁』出展(F40)
秋、第2回日展『首里の追憶』出品(F40)
1946年 昭和21年 疎開先の大分県豊後竹田より帰郷し、沖縄民政府沖縄諮問委員会、文化部芸術課の美術技官に就任
1947年 昭和22年 首里ニシムイにアトリエを構える
1949年 昭和24年 「第1回沖展」に絵画彫刻部門審査委員出品
1949年 昭和24年 「沖縄美術連盟」結成、幹事就任
1950年 昭和25年 豊平良顕を中心に大嶺政寛・南風原朝光・末吉安久・大城皓也らと「琉球紅型研究会」を発足
1951年 昭和26年 第2回国民指導員として米国美術界視察し、帰国後渡米中の作品を個展(那覇琉米文化会館)で発表
1966年 昭和41年 「第34回光風会展」『那覇の春』三星賞
1977年 昭和52年 福岡市美術館『花風』収蔵

作品

『郷愁』
1946年
100.3×80.2cm
油彩、キャンバス
 
『裸婦[ワシントン美術学校にて]』
1951年
60.5×48.5cm
油彩、キャンバス
 
『二人の女』
1962年
130.5×162.5cm
油彩、キャンバス
 

[←作家紹介インデックスに戻る]

美術館