作家紹介

ホーム > 美術館トップ > 作家紹介 > 川平朝申

川平朝申 KABIRA, Choushin (1908〜1998)

 

略歴

西暦 和暦 略歴
1908年 明治41年 伊是名島生まれ
1920年 大正9年 図画教師・西銘生楽を中心に、県立ニ中の生徒と絵画グループ「樹緑会」結成・運営
1922年 大正11年 「樹緑会第1回展」(天妃小学校)開催
1926年 大正15年 台湾ニ中卒業し、台湾新聞で記者活動を開始、学芸欄担当
1946年 昭和21年 台湾から引き揚げ、民政府文化部芸術課長就任
1947年 昭和22年 沖縄人美術家による「美術展覧会」(北谷キャンプ桑江)に出品
1951年 昭和26年 「第3回沖展」(那覇琉米文化会館、アンデパンダン展)入選
1952年 昭和27年 「第4回沖展」(那覇琉米文化会館、アンデパンダン展)出品
1983年 平成元年 沖縄タイムス「沖縄近代美術略史−明治・大正の美術家たち」連載

作品

『志喜屋先生の思い出』
1947年
22.2×32.7cm
油彩、キャンバス
 

[←作家紹介インデックスに戻る]

美術館