作家紹介

ホーム > 美術館トップ > 作家紹介 > 南風原朝光

南風原朝光 HAEBARU, Choukou (1904〜1961)

 

略歴

西暦 和暦 略歴
1904年 明治37年 2月6日、真和志村字安里生まれ
1929年 昭和4年 日本美術学校卒業
1931年 昭和6年 「白日会第8回展」白日会賞
1932年 昭和7年 「第1回沖縄美術協会展」出品
1940年 昭和15年 「紀元2600年奉祝展」『野菜と果物』入選
1941年 昭和16年 「個展」(山形屋/那覇)
1942年 昭和17年 「第1回台展」『静物(魚)』台日文化賞
1946年 昭和21年 「琉球古典芸能団」を組織し、九州各地の沖縄疎開者慰問、東京公演も行う
1948年 昭和23年 国画会会員に推挙
1950年 昭和25年 豊平良顕・大嶺政寛・末吉安久・大城皓也・名渡山愛順らと「琉球紅型研究会」発足
1951年 昭和26年 「第6回沖展」沖展運営委員、芸能祭審査委員
1956年 昭和31年 映画・マーロン・ブランド主演『八月十五夜の月』で、沖縄の場面指導担当
1959年 昭和34年 「五人展(佐藤英男・竹中三郎・鳥居敏文・中尾彰等・南風原朝光)(東京兜屋画廊)」
1979年 昭和54年 「名渡山愛順・南風原朝光遺作二人展」(沖縄県立博物館)
1979年 昭和54年 福岡市美術館『静物』収蔵

作品

『魚の静物』
1943年
90.9×72.7cm
油彩、キャンバス
 
『サモアールのある静物』
1948年
117.0×90.6cm
油彩、キャンバス
 
『窓』
1954年
100.0×80.8cm
油彩、キャンバス
 

[←作家紹介インデックスに戻る]

美術館