作家紹介

ホーム > 美術館トップ > 作家紹介 > 儀間比呂志

儀間比呂志 GIMA, Hiroshi (1923〜  )

撮影者:比嘉勇也

略歴

西暦 和暦 略歴
1923年 大正12年 那覇市生まれ
1946年 昭和21年 大阪市立美術研究所で洋画を研修し、その後上野誠に木版画を学ぶ(〜51年)
1956年 昭和31年 沖縄での第1回目の個展(松尾第一相互ビル)
1958年 昭和33年 個展(大阪府、北浜ギャラリー)
1959年 昭和34年 「朝日新人展」(大阪高島屋)で『蛇皮線』入選
1959年 昭和34年 ライプチヒ国際版画展に出品
1962年 昭和37年 壁画集団展(大阪府、高島屋)に出品
1966年 昭和41年 行動美術展にて会友賞受賞、会員推挙
1968年 昭和43年 東京国際版画ビエンナーレ展出品
1971年 昭和46年 創作絵本『ふなひき太良』(岩崎書店)が、毎日出版文化賞受賞
1976年 昭和51年 創作絵本『鉄の子カナヒル』(岩崎書店)刊。サンケイ児童出版文化賞受賞
1980年 昭和55年 『戦がやってきた』で沖縄タイムス芸術選賞絵画部門大賞受賞
1980年 昭和55年 大阪府立現代美術センターで「儀間比呂志・版の世界」展開催(主催:大阪府)
2003年 平成15年 沖縄モノレール駅舎壁面『万国津梁の民』ステンドグラス制作。日本の鉄道-パブリックアート大賞特別賞受賞
2006年 平成18年 絵本『沖縄いくさ物語八重山編 みのかさ隊奮闘記』(ルック)刊行

作品

『壷屋』
1957年
128.0×94.7cm
油彩、キャンバス
 
『海上集会』
1964年
159.0×128.3cm
油彩、キャンバス
 
『糸満の海人たち』
1969年
162.4×130.7cm
油彩、キャンバス
 

[←作家紹介インデックスに戻る]

美術館