作家紹介

ホーム > 美術館トップ > 作家紹介 > 普天間敏

普天間敏 FUTENMA, Bin (1941〜1987)

 

略歴

西暦 和暦 略歴
1941年 昭和16年 南城市佐敷生まれ
1965年 昭和40年 琉球大学美術工芸科卒業
1969年 昭和44年 ヤチムン研究会(現:やちむん会)結成
1975年 昭和50年 「第27回沖展」(那覇市立神原中学校)『ハヂチを語る時(油彩)』
『カジマヤー(油彩)』で絵画部門準会員賞、会員推挙
1975年 昭和50年 「第41回旺玄会展」で『カジマヤー(油彩)』が佳作賞、旺玄会委員推挙
1979年 昭和54年 日仏現代美術展にて『民家(版画)』佳作賞
1982年 昭和57年 「第8回欧美国際展1982年カナダ美術賞展」(カナダ、トロント市立ハーバーフロント現代美術館)入選
1982年 昭和57年 「第45回神奈川県展」で『民話』、『島の詩』(版画)が市議会議長賞を受賞、会員推挙
1982年 昭和57年 第1回新生美術協会展に『船』を出品、新生美術協会会員
1982年 昭和57年 ル・サロン展にて金賞候補、会員推挙
1984年 昭和59年 サロン・ド・メ展に『琉球の詩』が招待出品
1984年 昭和59年 「第49回神奈川県展」(横浜市民ギャラリー)県展賞受賞
1984年 昭和59年 第18回沖縄タイムス芸術選賞大賞
1987年 昭和62年 フランス・ビエンナーレ展招待出品
1989年 平成元年 普天間敏遺作展実行委員会主催「普天間敏遺作展」(那覇市民ギャラリー)

作品

『琉球の詩A[魔除け]』
1975年
86.2×62.0cm
石膏版画、紙
 
『御願の話』
1976年
162.6×130.5cm
油彩、キャンバス
 
『民話[島の詩]』
1983年
63.8×48.6cm
石膏版画、紙、クレヨン、水彩
 

[←作家紹介インデックスに戻る]

美術館