作家紹介

ホーム > 美術館トップ > 作家紹介 > 知花均

知花均 CHIBANA, Hitoshi (1961〜  )

 

略歴

西暦 和暦 略歴
1961年 昭和36年 中頭郡読谷村生まれ
1983年 昭和58年 琉球大学教育学部美術工芸科卒業
1985年 昭和60年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了
1987年 昭和62年 個展(画廊匠)
1991年 平成3年 沖縄県立芸大教官29人展(那覇市民ギャラリー)
1991年 平成3年 個展「−水平線考−」(ギャラリーQ/銀座) 〜'96
1992年 平成4年 個展「−水平線考45度構造−」(画廊沖縄GALLAREY WORK供親畴董
1995年 平成7年 「沖縄戦後美術の流れ・シリーズ1モダニズムの系譜」(浦添市美術館)
1996年 平成8年 沖縄的色彩は存在するか展(県立芸大企画展示室/那覇)民族芸術学会主催
1998年 平成10年 「VOCA'98展ー現代美術の展望新しい平面の作家たちー」(東京都、上野の森美術館)
2000年 平成12年 「azimaa展−展望と交差−」(県立芸大企画展示室/那覇)
2001年 平成13年 「新世紀をひらく美 現代日本画・洋画新鋭作家展」(高島屋美術画廊/日本橋、横浜、京都、大阪)
2002年 平成14年 「南へ、東へ」石村実・知花均 二人展(東京都立美術館)
2007年 平成19年 「Prints Tokyo 2007」(東京都美術館)
2007年 平成19年 「造形場域展 高苑科技大學芸文中心」(台湾孝雄縣)

作品

『境界域-kina機
2000年
239.9×200.0cm
シルクスクリーン、アクリル、パネルほか
 
『境界域02-10-S』
2002年
67.5×54.3cm
スクリーンプリントの吹付け、紙
 
『境界域02-11-S』
2002年
68.5×54.9cm
スクリーンプリントの吹付け、紙
 

[←作家紹介インデックスに戻る]

美術館