作家紹介

ホーム > 美術館トップ > 作家紹介 > 国吉清尚

國吉清尚 KUNIYOSHI, Seisho (1943〜1999)

 

略歴

西暦 和暦 略歴
1943年 昭和18年 9月28日、首里南殿生まれ
1962年 昭和37年 高校卒業後、東京に出て赤羽のレンズ工場に就職し、顕微鏡レンズの研摩の仕事に従事
1966年 昭和41年 「第18回沖展」陶器部門『陶枕』奨励賞
1966年 昭和41年 日本大学国文科に入学し、益子の県立窯業指導所で修業
1968年 昭和43年 沖縄に戻り、読谷村座喜味にヒメハブ窯を開く
1981年 昭和56年 第1回個展「現代の陶芸 國吉清尚作陶展」(黒田陶苑2階サロン/東京銀座)
1981年 昭和56年 写真展「わが冬の日の白昼夢」(国吉ギャラリー/那覇市)
1991年 平成3年 個展「國吉清尚陶芸展」(ギャラリー1956)
1992年 平成4年 個展「僕ハモット強クナリタイ 國吉清尚黒陶展 華器 武器 秘器」(ギャラリー1956)
1997年 平成9年 個展「國吉清尚 華器・食器展」(D's Gallery/那覇市)
1997年 平成9年 日本文化振興会より「国際芸術文化賞」内定通知を受け取るが、対応せず
1998年 平成10年 個展「國吉清尚華器展」(壺屋焼物博物館)
1998年 平成10年 個展「國吉清尚酒器展 Part II」(大見屋・ギャラリーAKIBEYA II)
1999年 平成11年 個展「國吉清尚 華器・酒器展 世紀末の卵シリーズ」(D's Gallery/那覇市)
2006年 平成18年 國吉清尚回顧展(早稲田大学會津八一記念博物館)

作品

『陶器1』
1980年代
20.7×21.3×32.8cm
陶土
 
『陶器31』
1980年代
15.7×16.4×29.5cm
陶土
 
『陶器57』
1980年代
33.9×35.9×31.0cm
陶土
 

[←作家紹介インデックスに戻る]

美術館