作家紹介

ホーム > 美術館トップ > 作家紹介 > 山田真山

山田真山 YAMADA, Shinzan (1885〜1977)

 

略歴

西暦 和暦 略歴
1885年

明治

18年

漢学者渡嘉敷兼礼の五男末子として那覇市に生れる。本名渡嘉敷兼慎
1895年

明治

28年

美術工芸家峰岸宝哉の門下生となり、美術修業する
1905年

明治

38年

東京美術学校入学。木彫科、彫塑科専攻。山田泰雲、高村光雲に師事
1906年

明治

39年

清国北京芸徒学堂へ彫刻科、工芸科の教授として赴任
1907年

明治

40年

帰朝。東京美術学校に復学。日本画科に転向。小堀鞆音に師事
1928年

昭和

03年

明治神宮聖徳記念絵画館に「琉球藩設置の図」奉納
1977年

昭和

52年

沖縄平和祈念像原型完成。死去(92歳)
平和祈念像は後に堆錦化されて、1978年糸満市摩文仁の沖縄平和記念堂に設置された
2007年

平成

19年

沖縄県立博物館・美術館開館記念展「沖縄文化の軌跡 1872-2007」に『龍譚池より首里城を望む』『牧港風景』出品
     
作品暦 日本画 「降魔之図」 東京都立林間社主催美術展出品(大正天皇に献上)
    「結城合戦」 第8回文部省美術展覧会出品
    「山路之図」 第12回文部省美術展覧会出品
  彫刻 「林和靖像」 東京彫工会出品。銀牌主席受賞(宮内省御用品)
    「聖観音像」 農商務省主催展覧会出品。銀牌主席受賞
    「黄初平像」 東京彫工会出品。銀牌主席受賞
    「審判の来る日」 第1回帝国美術展覧会出品
    「人磨之像」 伏見文秀女王殿下御蔵品
    「布袋之像」 賀陽宮殿下御蔵品

作品

『観音像』
1960年代後半頃
76.5×25.0×20.5cm
78.2×24.0×22.0cm
76.0×25.0×22.0cm
 
堆錦像

[←作家紹介インデックスに戻る]

美術館