作家紹介

ホーム > 美術館トップ > 作家紹介 > 西村貞雄

西村貞雄 NISHIMURA, Sadao (1942〜  )

 

略歴

西暦 和暦 略歴

1942年

昭和17年 佐敷村新里生まれ
1966年 昭和41年 第18回沖展『女の首』彫刻部門奨励賞
1967年 昭和42年 琉球大学文理学部美術工芸学科卒業
1969年 昭和44年 第54回二科展彫刻部初出品
1970年 昭和45年 東京芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻課程修了
1971年 昭和46年 第48回春陽展絵画部『元凶のすまい』初入選
1974年 昭和48年 第50回春陽展『孤影』入選
1976年 昭和51年 第61回二科展彫刻部『僻日』特選賞
1986年 昭和61年 首里城正殿復元にともなう彫刻復元制作および下絵制作(〜1992年4月まで)
1986年 昭和61年 第20回沖縄タイムス芸術選賞大賞
1987年 昭和62年 『あけもどろの乙女像』制作(那覇市民体育館)
1988年 昭和63年 琉球大学教育学部教授
1991年 平成3年 第3回長野県佐久大理石彫刻家シンポジウム参加、『風−奏でる』出品
1995年 平成7年 沖縄戦後美術の流れシリーズ1『僻日』出品
2006年 平成18年 個展(読谷村立美術館)

作品

『H嬢の首』
1968年
25.2×28.0×28.7cm
ブロンズ
 
『僻日』
1977年
96.1×152.9×101.9cm
ブロンズ
 
『被く』
2000年
46.6×26.2×68.6cm(右)
46.6×25.0×73.8cm(左)
石膏
 
 
 

[←作家紹介インデックスに戻る]

美術館